電力会社が電気を買い取らない可能性はある?

電力会社が電気を買い取らない可能性はある?

売電をあてにして、太陽光発電を考えている方もいるともいます。
では電力会社が電気を買い取らないという可能性はあるのでしょうか?
実は2014年9月に、九州電力は再生可能発電エネルギーに対する買取の申し込みについて保留するということを発表しました。
これは、事実上電力会社が買取を中断したということです。
これは関係者に大きな波紋を広げているようです。
2014年7月の時点で、九州電力では申し込みのあったすべての電気を買い取るとなると、こんどは電力が余剰になってしまい、需要と供給のバランスが成り立たないということが、保留の理由だそうです。
太陽光発電が注目されている中、これからどうなるかということは充分考慮していかなければいけませんね。